GEMFOREX

【GEMFOREXのスプレッド】口座別・通貨別・他業者別にスプレッドを徹底比較

豪華なボーナスのほか、最大1,000倍ものハイレバレッジ、EA無料利用など大変魅力的な海外FX業者GEMFOREX。

さらに、スプレッドの狭さプラス約定力の高さにも定評があります。

単なるスプレッドの狭さというのではなく、豊富なサービスと高い約定力がユーザーから絶大なる支持を受けているのがGEMFOREXです。

では、GEMFOREXのスプレッドについて詳しくみていきましょう。

GEMFOREXは変動スプレッドを採用

FX業者のスプレッドというのは固定スプレッド、変動スプレッドの2つがあり、このうちGEMFOREXは変動スプレッドを採用しています。

変動スプレッドの魅力は、狭くなるときには極狭になること。

主要通貨の最小スプレッドが0.0pipsになることもあり、固定スプレッドには真似できないものです。

反面、広がるときはかなり広がってしまう側面も。

このデメリットをしっかり把握して使いこなす必要があり、ビギナーには少しハードルが高いかもしれません。

このため、GEMFOREXは、一番スタンダードと言えるドル円だけは原則固定スプレッドにしています。

ドル円だけ固定スプレッド

GEMFOREXでは、ドル円だけ原則固定スプレッドを適用。

たとえドル円だけでも固定スプレッドを適用している海外FX業者はほかにはほとんどなく、GEMFOREXのこの取り組みはとても珍しいものです。

しかも、GEMFOREXのドル円の固定スプレッドは0.3pipsという業界トップレベルの狭さ。

多くのトレーダーがGEMFOREXに集まってくるのがわかります。

【スプレッドが標準】オールインワン口座は充実したサービスで初心者におすすめ

GEMFOREXの魅力として忘れてならないのがリッチなボーナス。

オールインワン口座には、口座開設ボーナスや入金ボーナスなど様々なボーナスが準備されています。

また、オールインワン口座は100円の初期資金からFX取引をはじめられるので、自己資金の少ないビギナーにもおすすめです。

一方、ノースプレッド口座の初期資金は30万円以上。

どちらかというと、中上級者におすすめの口座です。

【スプレッドが極狭】ノースプレッド口座はスプレッドが狭い

ノースプレッド口座のメリットは何と言っても極狭スプレッドでしょう。

ただし、スプレッドが狭い代わりに、ボーナス対象外、自動売買システム対象外などほかの特典がほぼありません。

GEMFOREXのノースプレッド口座は、スキャルピングなどの裁量取引を中心におこなう中上級者にとっては、ほかの特典はなくとも、ゼロカットシステム採用、ハイレバレッジ、極狭スプレッド、高い約定力とすべてそろった口座と言えるのではないでしょうか。

なお、ノースプレッド口座もオールインワン口座と同様、ドル円は原則固定スプレッド。

スプレッドは0.3pipsとかなり低い数字です。

オールインワン口座とノースプレッド口座はどちらも開設できる

一人につき複数口座開設できるGEMFOREX。

オールインワン口座とノースプレッド口座を同時に保有することももちろんOKです。

オールインワン口座のメリットは、豊富なボーナスや自動売買システム無料使い放題、一方ノースプレッド口座のメリットは極狭スプレッドでしょう。

オールインワン口座ではボーナスをもらって自動売買システムを使い、ノースプレッド口座では裁量取引をする、といった具合に両者を上手に活用するのがベストです。

スプレッドでの海外FX業者の選び方

【選び方1】FX口座は最小スプレッドではなく平均スプレッドで選ぶべし

GEMFOREXを含め海外FX業者の多くが採用する変動スプレッド。

名前のとおり、時間などに応じてスプレッドが変化します。

スプレッドに重点を置いてFX業者を選ぶなら、最小スプレッドではなく平均スプレッドをチェックしてください。

たとえば、GEMFOREXノースプレッド口座にてある時のEUD/USD最小スプレッドは0、平均0.3でした。

つまり、ノースプレッド口座だからといっていつもスプレッドが0ではなく、およそ0.3pipsのスプレッドが必要なのです。

最小スプレッド0と聞くと、スプレッドがまったくかからないと誤解しがちですが、実はそうではなく、平均スプレッドを確認することが大切です。

また、なかには最小スプレッド0をウリにしながら、実際のスプレッドはかなり広めという悪質業者もあるので気をつけてください。

もちろん、スプレッドが刻一刻と変化するなかで一瞬でもゼロになれば最小スプレッドはゼロ。

この数字を宣伝してトレーダーを呼び寄せたい業者がいるのも否めません。

目先の数字ではなく、自分できちんと事実を確認しましょう。

なお、GEMFOREX公式サイトには、実際の平均スプレッドがきちんと記載されており、この点からもGEMFOREXが優良企業であることがわかります。

【選び方2】約定力の高さも確認すべき

GEMFOREXオールインワン口座のスプレッドはごく標準的であり、やや物足りなさを感じるトレーダーもいるようです。

ですが、FX口座を選ぶ際には、ただスプレッドの狭さだけではなく、スリッページによる損失を踏まえてコストを計算することが大切です。

ちなみにスリッページとは、自分が注文したレートから少しずれたタイミングのレートで約定しまうことを指します。

たとえば、1ドル101.1円の通貨を購入、1ドル101.2円のタイミングで売ろうとしたにも関わらず、実際には1ドル101.15円のレートで売れた場合、0.05円(5pips)のスリッページが発生したと言います。

この場合、スプレッドが0pipsでも、5pipsコストがかかったということになります。

スリッページ発生頻度は約定率を目安とし、たとえば約定率90%の場合なら注文100回につき10回のスリッページが発生すると考えます。

海外FX業者のなかには、極狭スプレッドではあるものの約定率が低くスリッページが発生しやすいところもあるのですが、約定率の高いGEMFOREXではほとんどスリッページが発生しません。

極狭スプレッドプラススリッページの発生しにくい高い約定力というメリットを考えると、GEMFOREXならトータルコストをかなり抑えられると言えるでしょう。

GEMFOREXのスプレッドを他の業者と比較

GEMFOREXのオールインワン口座とノースプレッド口座について、ほかのFX業者と比べてみたいと思います。

オールインワン口座のスプレッドに関しては、ほかの海外FX業者と比べてごく平均的、また国内FX業者と比べるとやや広めです。

スプレッドは平均的とはいえ、GEMFOREXのオールインワン口座は自動売買システム無料使い放題や豪華なキャンペーンがほかより特出しています。

ノースプレッド口座は、海外、国内FX業者のどこと比較してもスプレッドが狭く、スキャルピング取引をするトレーダーから好評を得ています。

ただし、変動スプレッド採用のGEMFOREXでは、場合によってはスプレッドが広めに動くことを頭に入れておきましょう。

GEMFOREXとXMのスプレッドを比較

GEMFOREXの最大のライバルとも言えるXM。

両者のスプレッドを比較してみましょう。

スタンダード口座ではどの通貨ペアもGEMFOREXの方が、スプレッドが狭く、また、ノースプレッド口座は拮抗するもののややXMに軍配が上がります。

GEMFOREXとXMはどちらも世界トップクラスのFX業者なので、どちらの口座も作っておくのがよいでしょう。

FX業者の標準口座ごとに主要通貨スプレッドを比較

GEMFOREXとLAND-FXがほかより少し優勢なものの、どこもそれほどの差はありません。

また、業界トップ、そして第一人者であるXMはやや広めのスプレッドとなっています。

各社の低スプレッド口座ごとに主要通貨スプレッドを比較

低スプレッド口座では手数料有料の業者も多いので、手数料込みのスプレッドで比較しましょう。

多くのFX業者のなかでも程スプレッド口座でも手数料無料のGEMFOREXはかなり優勢と言えます。

また、約定力の高さやスリップページのなさなども考えて判断することが大切です。

GEMFOREXのスプレッドが広がるタイミングは早朝や週明け

GEMFOREXでスプレッドが広がりやすいのは早朝と週明けです。

なぜなら、世界三大市場であるニューヨーク市場・日本市場・ロンドン市場がクローズするため取引量が激減するからです。

スプレッドの広さとレート変動の大きさは比例する傾向にあるため、スプレッドの広がりやすい早朝や週明けの取引はなるべく避けておきましょう。

たとえば、週明けにスプレッドが開いているのを知らないまま損きりラインを設定、せっかく本来なら利益があったのにスプレッドの開きでロスカットになるケースも考えられます。

もちろんGEMOFOREXだけではなくFX取引において、週明けに恐ろしいほどスプレッドが広がったこともありますので注意しましょう。

また、早朝と週明け以外にも経済指標発表前後や大きな経済ニュース、自然災害があると市場が不安定になりスプレッドが広がりやすいです。

あらかじめスプレッドが広くなりやすいタイミングや傾向を知っておくことで、リスクを軽減させられるでしょう。

【GEMFOREXのスプレッド】口座別・通貨別・他業者別にスプレッドを徹底比較まとめ

GEMFOREXオールインワン口座のスプレッドは1pipsから、ノースプレッド口座のスプレッドは0pipsからとなっていて、スプレッド重視派にはノースプレッド口座がおすすめです。

ただし、自己資金が少ない、ボーナスをもらいたい、自動売買システムを使いたい、という方は、オールインワン口座を選びましょう。

オールインワン口座、ノースプレッド口座どちらも高い約定力でスリッページが発生しづらいので、コストを抑えて安心にFX取引を楽しめます。

[adrotate banner="9"]