中古車屋さんで発見した価格0円の車を買ってみました

町の中古車屋さんに行くと敷地内に車がズラリと並んでいます。
日本車、外車、コンパクト、セダン、色々な車種が展示されています。
そして車のフロントガラスに価格が書かれたボードを置いています。

そのボードに書かれた0円の文字。
無料とは書かれておらず、0円と書かれていました。
そして前面の道路から見えやすい特等席に展示されていました。
一言でいえば客寄せのための目玉商品です。
案の定、他にも0円で売っていないか敷地内を探したのですが、
結局その1台のみでした。

車種は某国産メーカーのセダン。
メジャーな車種で新車当時は結構売れましたから、
中古市場にも数多く出回っている車です。

見た目。
特に大きな傷や凹みはありませんでした。
エンジン。
お店の人に鍵を借りてエンジンをかけましたが、
かかりにくい訳でもなく、アイドリングも安定していて、
特に問題無さそうでした。

そして、当時から金欠だった私は「これください」と。
もちろん車体は0円ですが、登録やら何やらで合計20万円ほど払いました。
そしてめでたくマイカーゲットとなりました。

早速ドライブに出掛けました。
加速も減速も問題なく、エアコンも好調です。
しばらくの間は気を付けながら乗っていたのですが、
そのうち慣れてきて、0円だった記憶は薄れていきました。

それからおよそ3ヶ月。
近所まで買い物へ行きました。
お店の駐車場に入れる時、駐車券を取るため窓を開けました。
そして駐車し、窓を閉めようと思ったのですが閉まりません。
ウィンドウロックを押してしまったと思い、カチカチやりながら
窓を閉めようと思っても閉まりません。
何だろう?と少し混乱し、助手席側の窓も開けてみました。
普通に開きます。
そして助手席側の窓も閉めようと思ったら、こっちも閉まりません。

何が何やらよく分からないまま、窓のスイッチをカチカチしました。
しばらくすると、ゆっくり少しずつ窓が閉まっていきました。
直ったのか、閉め方が悪かったのか、もう一度窓を開けました。
開けるのは問題ありません。スムーズに開きます。
でも、やっぱり閉まりません。
カチカチやっても閉まりません。
もうコントです。

どのくらいでしょうか。10分ぐらいでしょうか。
ずっとカチカチやっていたら少しずつ閉まっていきました。
そのあとは窓を開ける事はやめ、開かずの窓の車として乗っていました。
ただ時々、友人知人を隣に乗せた時にやられます。
閉まらない窓とは知らずに開けられます。
そして閉めるのに苦労します。

最終的には子供が乗っている訳でもないのに、常にウインドウロックが働いている車になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です