GEMFOREX

GEMFOREXのロスカットは証拠金維持率が何%!?マージンコールはいくつで発動するのか

ハイレバレッジ取引可能なGEMFOREX。

はじめる前にロスカットや証拠金維持率のことを理解して不要なマイナスを負わないようにしましょう。

では、GEMFOREXのロスカットについて詳しく解説いたします。

GemForexで実際にロスカットされてみた

GEMFOREXにはデモ口座があり、実際にデモ口座でロスカットされるとマイナス寸前でロスカットされることがわかります。

マイナスになるギリギリのところでロスカットされる優秀なロスカットシステムと言えるでしょう。

GEMFOREXのロスカットとは

ロスカットとは、口座にある証拠金以上のマイナスが発生すると、これ以上マイナスを大きくしないようにシステムが自動でポジションを強制決済することです。

トレーダーの損失を大きくしないための有効手段ですが、反面、ポジションが強制決済されるデメリットも。

このため追証ありロスカットを採用するFX業者もあります。

追証ありロスカットでは、口座に追加証拠金を入金する限り、ポジションが強制決済されません。

ちなみに、現在のGEMFOREXのロスカット水準は証拠金維持率20%以下です。

GEMFOREXの証拠金維持率の計算方法

証拠金とは、ポジションを保有するために最低限必要となる資金を指し、また、証拠金維持率とは、ポジションを保有するための必要資金に対し、トレーダーの口座証拠金がどのくらいかを表す数字を指します。

「証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100」の計算式となるため、この計算式よりロスカットのタイミングが決められます。

GEMFOREXの場合証拠金維持率20%以下になると強制ロスカットとなります。

GEMFOREXのロスカット水準とマージンコール

ロスカット水準とは、必要証拠金に対して口座金額が一定以下になるとおこなわれる強制ロスカットの水準を指し、マージンコールとは、ロスカットに近づくと鳴る警告アラームを指します。

GEMFOREXは、マージンコールが50%、ロスカット水準が20%となっています。

ちなみにほとんどの国内FX業者がロスカット水準50%、そしてほとんどの海外FXがロスカット水準20%の設定で、国内FX業者の方が高めの傾向です。

証拠金維持率が高いと少しの自己資金しかないトレーダーにはハードルが高いですが、証拠金維持率が低いとハードルが下がり、多くのトレーダーから支持されています。

GemForexと国内FX会社でロスカットまでの値幅を比較

口座残高50万円のトレーダーが1ドル=100円のタイミングで10万ドルのポジションを保有した場合、国内FXでのロスカットまでの値幅は3円、一方、GEMFOREXなら4,98円となります。

つまり、レバレッジや最低証拠金維持率はロスカットまでの値幅に影響を及ぼすということ。

同じ口座残高なら海外FX業者であるGEMFOREXの方が、圧倒的に値幅が広くなります。

強制ロスカットを避ける方法

強制ロスカットを避ける方法①早めに損切り

強制ロスカットを避けるには何より早め早めに損きりすること。

損きりのタイミングこそFXで勝てるポイントです。

とくにFX初心者は自分の損失を確定させる損きりを避けたがりますが、ただやみくもにマイナスのポジションを持ち続けると結局ロスカットとなり損失です。

利益を多く出すトレーダーは、ダメだと思ったポジションを早めに損きりするもの。

また、より短い時間で繰り返し取引を重ねるスキャルピングも人気です。

スキャルピング取引の場合、最初に自分なりの損きりラインを決めて取引に挑み、その数字になればつべこべ考えず決済します。

もちろん小さなマイナスは負いますが、それ以上損失を膨らませることがありませんから、初心者にとくにおすすめの方法です。

強制ロスカットを避ける方法②証拠金(口座残高)を追加する

強制ロスカットを避けるために追加証拠金を投入する方法も考えられます。

証拠金を追加すれば証拠金維持率に余裕ができロスカットを回避できるということ。

この間に相場がよくなればロスカットを避けられるでしょう。

ただし、いくら証拠金を追加しても相場がよくならず、ただただマイナスを積み重ねてしまう結果も考えられます。

時にはロスカットを受け入れあきらめることも大切。

追加証拠金に使わず、新しい取引に資金を置いておくのがおすすめです。

また、この方法はあくまで自己資金に余裕がある場合にできるやり方。

借金してまでトライする方法ではありません。

強制ロスカットを避ける方法③逆指値注文をする

FX取引では、ポジションを保有したタイミングでロスカットラインと必要証拠金が決定されるため、そのロスカットラインより前に損きりラインを入れておくのもロスカットを避けるのに有効です。

チャートを見ていれば最初に損きりラインなんて入れておかなくても大丈夫、と思いがちですが、急な相場変動やサーバーダウンなどのトラブルも考えられますから、最初に逆指値注文入れておくのも得策です。

強制ロスカットを避ける方法④低レバレッジで取引する

低レバレッジ取引を増やすのも強制ロスカットを避けるのに有効です。

最大1,000倍のハイレバレッジ取引可能なGEMFOREXですが、ハイレバレッジ取引ばかりでは自己資金が足りなくなります。

とくにFXビギナーは3倍くらいまでのレバレッジにとどめておくのがリスク軽減につながるでしょう。

GEMFOREXはゼロカットシステムを採用しているので追証なし

GEMFOREXは追証なしのゼロカットシステム採用。

いくら大きな相場変動があってマイナスになっても口座残高以上のマイナスを負うことがありません。

ちなみに追証とは追加証拠金の略。

FX取引で出したマイナス分を追加入金することを指します。

ただし、大きなマイナスを負わないメリットと引き換えに、ポジションの強制決済というデメリットもあります。

とはいえ、GEMFOREXのハイレバレッジと追証なしゼロカットシステムは、トレーダーにとって最強でしょう。

GEMFOREXはマイナス損失を出しにくい業者

最大レバレッジ1,000倍、追証なしゼロカットシステム、ロスカット水準20%と、トレーダーにとって魅力的なGEMFOREX。

損失を出しにくい優良業者です。

国内FX業者のレバレッジは最大25倍。

そう思うとGEMFOREXの最大1,000倍レバレッジは破格で、少ない自己資金の方も夢を見ることができます。

もちろん、ハイレバレッジ取引にはリスクもありますが、GEMFOREXはロスカット水準低めなのでリスクも少なめです。

GEMFOREXのロスカットは証拠金維持率が何%!?マージンコールはいくつで発動するのかまとめ

GEMFOREXは追証なしゼロカットシステム採用のFX業者で、証拠金維持率20%以下になると強制ロスカットが執行されます。

リスクを最小限に抑えてハイレバレッジ取引できるGEMOFOREXは、世界中のトレーダーから大人気です。

追証、ロスカット、証拠金維持率の条件を見極めたとき、GEMFOREXはビギナーにもおすすめの優良業者ということがわかります。

[adrotate banner="9"]